Twitter毎日見てると言っても

京都伏見の醍醐エリアを熱くする男かやまです。

ボクはTwitterが楽しくて毎日見て、たくさんの人たちと交流してるんです。

 

毎日見てますと言っても

先日、見ていて気になる投稿があった。後日、その投稿について取り上げてブログに書きたいなって強く思う投稿だった。おそらく3、4日前のこと。

今日、それについてブログを書こうと思った。

で、思い返してみると、なんの投稿だったか覚えていない(笑)。もちろんボクの記憶力が残念であることは間違いないんだけど、それにしてもそんなものかと自分で思ってしまった。

ただ、書こうと思った投稿の人、書けないどころか覚えてなくてごめんなさい。

プラスホーム佳山

 

最近、Twitterで何を発信したらいいかわからないと聞かれることがあります。いや、聞かれても正直ボクも迷ってることがよくあります。

ただ、書く内容は悩まなくてもいいと思う。

 

「Twitterが楽しくて毎日欠かさずチェックしてます!」なんて言ってるボクがこの程度の記憶力。忘れてることも多い。同じようなこと言っても、しょうもないこと言っても全然いいと思う。友達と話す無駄話の延長ぐらいの気持ちで始めてみたらいいと思う。

 

ただ、気をつけてほしいことがある。それは発信の向こう側には相手がいるって事。そしてしっかりと相手を思いやるってこと。

 

SNSはアナタの日記帳じゃない。世界中にそれを見ている人がいる。

それは意識してほしい。

 

文句や愚痴、ましてや誰かの悪口、いけない行動…。そんなの投稿すれば見ている人がいる。そんなの見ればボクは正直悲しい気持ちや、不快な気持ちになる。

 

そんなの見なければいいという人もいる。

そうじゃない。コミュニケーションである以上、相手を思いやる気持ちがない人とはボクは付き合いたくない。

やめた

 

ただボクが思うに、何を発信したらいいか分からないというような人は色々考えてしまう人なのですでに相手がいるってことを意識しながら発信できる人だと思う。

だからそう悩んでる人は思うまま発信しよう!受け止めてくれる人は必ずいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です