「不動産仲介手数料無料です!」の甘い罠

京都伏見の醍醐エリアを熱くする男かやまです。

もうすぐ醍醐でムービープロジェクト第2弾の撮影クランクアップなのですがセリフが全く頭に入りません!これが老化というヤツなのでしょうか…よくよく考えるとボクは昔から記憶力のなさには定評があったな…

さて、ブログです。

 

仲介手数料無料のカラクリ

さてさて、よくありますよね不動産屋で「仲介手数料無料!」のキャッチコピー!

買う人にとってもまたは借りる人にとってもこんなにステキなキャッチコピー無いですよね。

でもでも昔からタダより安いものは無いとはよく言ったものでやっぱりカラクリがあります。最近はこんなキャッチコピーだけに踊らされないって人も増えたとは思いますが。

いいね

 

問題は仲介手数料が無料なのに不動産会社がどうやって売り上げを作るんだって話ですよね。もちろん利益があるからそういった物件を取り扱うわけです。

 

単純に仲介手数料無料と言っても色々な手口ケースがありますがまずはその業者が売主さん・貸主さん(大家さん)から仲介手数料をもらえるケース。これは成約すれば〇〇円出すからウチの物件を特に頑張ってくれというケースです。

また他によくあるのが「当社売主に付き仲介手数料不要」のキャッチコピー。

つまりアナタが話をしているのは売主業者で間に仲介不動産業者などがいないため直接話をしているので仲介手数料はいりませんというケース。

ややこしいですが両方ともこの物件を買ってもらえればその不動産屋は他で利益が上がるので買主であるアナタからは利益はいりませんという考え方です。

これが実は怖いのです。

できてる?

 

基本的に仲介手数料無料の物件はそういった他で利益のあげられる物件。でも全てに当てはめられるわけじゃ無いので、そういう不動産会社はその物件しか勧めて来ません。物件を選ぶ選択肢を勝手に狭められてしまいます。

また、実は売主業者によっては初めはかなりの利益を上乗せしているケースもあります。プロでは無いアナタが直接交渉しても値段交渉などに応じてくれず結果、仲介手数料分よりも高く支払っている事になり、損するケースもあります。

 

特にこのお家が欲しいとか借りたいと決めている場合は、不動産会社に行ってそれが欲しいと言ってください。違う物件を勧めてくればその不動産屋にとって都合のいい物件のケースもあります。

 

「仲介手数料無料」は買いたい、借りたい物件が決まっていない方には正直あまりおススメできるキャッチコピーのお店ではありません。

ちょっとややこしい書き方になってしまいましたが「仲介手数料無料」っていうキャッチコピーが書いてある不動産会社は「ウチは自分の都合のいい物件しか紹介しませんよ」と言ってるようなもんだと少し気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です