SNSとは何か|このタイミングで三重県四日市のすみへいが来るという奇跡

京都市伏見区醍醐エリアを熱くする男かやまです。

さっきの話ですが三重県に在住のすみへいこと住田くんが伏見醍醐まで遊びに来てくれました。

 

衝撃の連絡!

サラリーマンでありながら喫茶すみへいと言う振る舞いコーヒーのスペース「喫茶すみへい」を月に一度起ち上げ仕事以外の世間とのかかわりを自ら作るすみへいについては先日、少しブログでも書きましたがボクがこの度やろうとしてる「かやま休憩室」のモデル(パクリとも言う)です。

 

漠然と以前からやりたいなって思いながらいざとなると色んな理由を見つけては行動に移せませんでした。

それが先日、東京からSNS仲間のトモミンが伏見醍醐に来てくれて色々話す中でもう一つやろうと思っていた「かやまの夜会」と共にやる決断をしました。

 

5月28日(火)にボクの行きつけのカフェ「ヒーローズコーヒー」に行き、「かやまの夜会」と共に「かやま休憩室」の話をし、こういう時は勢いが大切(むしろ勢いだけ)なのは経験上知ってるので、早速手続きや話を聞くため、役所関係まわりを段取りしてました。

すると、翌日そのすみへいから「会いませんか?」と連絡が来ました。

正直、ビックリしましたよ。まさしく今回やろうとしてることのボクのモデル、今、まさに一番会いたい人がこのタイミングで「会いませんか?」ですよ。しかも近所の人ならともかく三重の四日市の人が今まで一度も来たことのない街にこのタイミング、まだSNSでも発信していないのにエスパーかと疑うタイミングです。まさに神様の応援歌ですよ!

 

すみへいの熱き想い

すみへいとはTwitterで交流しだしておそらくまだ半年ぐらいです。会った事は今日を除いて3度。1度目はお互い印象も無くあいさつ程度。2度目は名乗って少し話した程度。そこから少しずつTwitterで交流し、前回会った時は冗談なんかも交えながら少し話しましたが、ゆっくり話したのは今回が初めてに近い。ただ、たくさんの話ができました。

すみへい

 

もともとボクは彼とはお互いの街に対する想いが近く結構なペースで彼の想いの発信を前のめりに返します。

ボクが彼の発信で一番気に入ってるのが

この発信です。Twitterにはブックマーク機能があるのでボクはこの発信をブックマークしてたまに見てます。

「街を使い倒す」「街を遊び倒す」

何か新しいものをゼロから作りだすのでは無く、今あるものを見直し、発見し、利用する。

そのためにボクらの頭を変える。

発見する目を養い、発想を生み出すキッカケを作る。新しい出逢いと交流や刺激から街自体を新しくするのではなく、考え方を新しくするという考え方かもしれませんね。

すみへい

 

そんな彼が今日一番熱く語ってくれたことが

 

彼にとって「喫茶すみへい」は新しい交流の場であり、発想の場でもある。続けてやる事で輪が拡がってる。その話が直接聴けた。これはボクにとって大きな財産になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です