京都伏見観光|坂本龍馬が愛した舟宿「寺田屋」

京都伏見には観光スポットもたくさんあります。代表的な例はやはり世界の伏見稲荷でしょうが、伏見は激動の幕末時代の中心地でもありました。

ということで今回ご紹介するのは「寺田屋」。そうあの幕末の主人公の一人坂本龍馬が愛した舟宿です。

 

 

寺田屋

坂本龍馬に興味なくても福山雅治もしくは武田鉄矢ファンならたまらんスポットでしょう(古い?)!

 

場所はココ

 

京阪電車(おけいはん)中書島駅という駅が最寄駅。そこから竜馬通りを抜け徒歩で5分ぐらいです。

オフィシャルサイトというわけでも無いでしょうがこちらから情報が見れます。

京都観光Navi「寺田屋」

 

寺田屋

表札はちゃんと「坂本龍馬」です(笑)。・・・っていうか潜んでたのに表札掲げたらアカンやん。・・・っていうか家では無いやん(笑)。

 

中に入ると資料館になっていて色々展示されます。

寺田屋

弾痕があったりとか(みんな触りすぎてツンツルテン)

寺田屋

刀痕があったりとか(みんな触りすぎて消えかかってる)

寺田屋

龍馬の愛用していた拳銃があったり(人が勝手に作って寄付した模型)します。

 

と、まあ突っ込みどころ満載でその気になれば5分で見終われる資料館です。こんなゆるゆるの資料館もたまにはいいかもしれませんね(笑)。

あっ、そうそうここは今でも宿として宿泊することができます。ここで一晩過ごし、幕末の息吹を感じながら坂本龍馬になりきるのもロマンティックでいいかも♪

坂本龍馬夫妻

すぐ近所には坂本龍馬とお龍さん夫婦もポツンといらっしゃるので探してみてください。

 

歴史的価値はメチャクチャありそうなのにちょっとずつ残念な感じの「寺田屋」。坂本龍馬が好きな方もそうでない方もぜひ一度は行ってみてください!

京都伏見観光|坂本龍馬が愛した舟宿「寺田屋」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です