不動産の話|あなたの希望条件の南向き。本当にこだわらないといけませんか?

京都伏見醍醐の街を熱くする男、佳山です。連日の体温越えの京都。暑さもここまでくるとスゴいと感心するしかありません(笑)。ただ笑い飛ばすわけにもいかないのできっちり熱中症対策はしましょう!

 


さてさて、この間も書きましたがお家を探す前に希望条件をまとめておくのは本当に大切な事。これをやるとやらないとではあとあと効いてきます。

でももっともっと大切な事はその希望条件なんで選んじゃうのっていう事も考える事です。

 

何のことかって、例えばなんですが、お客さんの中には南向きに無性にこだわる人がいます。で、その人とお話をしていて

「何で南向きにこだわるんですか?」

って聞くと、

「陽当たりが良いから」

って答えます。

 

プラスホーム佳山最近の京都は陽当たりが良すぎる(笑)

 

なるほど、そりゃそうかもしれません。一般的に太陽は東から南を通って西へ沈むので南側が空いていれば陽当たりは良いって言われてます。実際良かったりする。

でもよくよく考えると南向きっていう事は道路が南側にあるっていう事。じゃあ特に京都に多い長細い敷地(いわゆるうなぎの寝床)の場合、駐車場も南側にあるケースが多い。そこで1BOX車のような大きな車だと南側にある窓を車で完全に隠して、陽の光を遮ってしまうんです。

 

それじゃあダメじゃん!

 

むしろそういう人の場合、北向きで裏側(南側)のスペースが空いているお家を探した方が陽当たりが良かったりする。しかも、北向きを探している人は少なかったりするので、それ以外の条件(例えば金額とか場所とか)が良かったりする♪

 

結局、何を求めているかをちゃんと突き詰めて、一般的な固定観念ばかりにとらわれてちゃダメなんです。見つかるものも見つからないし、損することになるかもしれない。

 

何でその希望条件を挙げるのかっていう事を考えていったら意外とこだわりが無くなったりしていいお家が見つかるかもしれませんね。まずは希望条件をたくさん書き出して、第3者に見せてみるのもいいかもしれません。僕に相談してくれたらいいアイデアが出せるかもしれませんよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です