ブログを毎日書き続けるボクが毎日続けるということ

京都伏見の醍醐を熱くする男です。Twitter方面では公式のニックネームとして「かやまっち」と呼ばれております。

ボクは最近出会う人によく言われることがあります。

 

ブログ毎日書いてすごいね

タイトル通りです。会う人によく言われます。もちろんボクが毎日ブログ書いてるなんて認識度はまだまだ全然低いですから初めて会う人に言われることはほぼありません。

プラスホームかやま

 

毎日ブログ書こうって決めたのが3年前の4月の終わり。だからもうすぐ3年です。それを話すと結構すごいねって言ってもらえます。もっともっと続けてる人はいるけど、そんなには身近にいないからまだまだそれだけで単純にすごいって言ってもらえます。

でもブログを毎日書き続けることはそんなにすごい事じゃない。そこにはいくつかコツがあります。

大きく分けると3つ。

書き始めの頃は時間を決め、クセづける事。

書き始めの頃は結構面倒臭くなります。そして何かにつけ言い訳を作ってしまいます。時間がない、ネタがない、急に予定外の予定ができた、クオリティが足りない(面白くない)、見てくれる人がいないなどなど少しの障害を何かにつけ言い訳にする。ボク自身は書き続けるって事に価値を置いているので、とにかく続けるために同づればいいかを考えました。そのために大切なことはクセづける事。時間を決めて必ず書くって決めてしまう事。夜だと言い訳を作りやすいので朝、今までより早く起きて書く。これに限ります。続けていくうちに書かないと気持ち悪いのでそうなれば時間は決めなくてもいいと思います。

 

ハードルを下げる事。

だいたい、ブログを書くことに躊躇する人は素晴らしいことを書かなくてはいけない、もしくは書いたところで誰も見てくれない。どちらかの思考またはどちらも持ってると思います。いや、書き続ける人も思ってるかもしれない。事実、書き続けてるボクはどちらも思ってます。

でも、ハッキリ言って順番が逆。書いてもいないうちから悩んでも仕方ない。というよりも、いきなり有名人でもなんでもない自分のブログがいろんな人に見てもらえるわけがない。誰も見てくれないんです。

ボクもブログについて相談を受けることがたまにありますがよく、ネタを貯めてから書き始めるって言う人がいます。多分そんな人は始められない。貯まったネタなんてあっという間に無くなるし、ネタのストックがあるうちは他のネタを探さない。出し尽くしたら止まるっていうのがオチです。

むしろ誰も見てないって開き直ってネタはもちろん全てのことにハードルを下げること。それとまずは書き始めること。書き続ければネタは毎日考えていく頭になっていきます。

 

目的をブログを書く以外に持っていく事。

ブログを書くって言う行為が目的になると続かなくなります。ボクは今、書いたネタを毎日考えるって言う思考を持ち続けるためにブログを書き続けてます。

 

毎日ブログを書かなくてもいい。内容のクオリティを追い求めていったほうがいい。そう言う意見も正解だし、ボクは全然否定しない。ただ、ボクは毎日書き続けるということに意味があって価値を置いてる。だから毎日書き続ける。もちろん、いろいろ考えて適当にはならないように。

 

続けるということ

いいね

 

昔、ボクが育ってきた時代(いや、ボク若いですよ!)はただ毎日続けるということ、それだけで価値があったところがあった。

今はただ続けるだけでは評価されない。むしろ「無駄な努力をして何になる」なんて言われる可能性もある。

確かにそれも正解でボクもできれば無駄な努力はしたくない。でもボクはまだまだ無駄な努力をしないとそれが無駄だと気づけない。だからやり続けることでこれが無駄だったんだと後悔することもたくさんある。

 

ただやり続けることをただの失敗で終わらせないためにそこに意味を持たせたい。続けるということだけに価値を置くと、それが失敗だった時に時間だけが過ぎて無駄な努力になってしまうこともある。失敗は成功の元なんて言って次の糧にすればいいけど、時間は帰ってこない。ボクもいい歳になってきたから余計に時間はかけたくない。じゃあ続けてることにいくつもの意味を持たせればいい。続けてこの部分は失敗だけど、違うこの部分では成功だと思えたらよくないですか。

 

最近ではブログにもう一つ意味ができました。

それは出会いのきっかけになること。

 

ブログを書き続けることでボクの事を知ってもらえる機会が圧倒的に増えたし、ブログを読んで会いにきてくれた人もいた。

書き続けることでまた意味も増えてくるんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です