SNSとはなにか|なぜ毎日ブログを書き続けなければいけないのか?

京都伏見の不動産会社プラスホーム佳山(かやま)です。

いよいよ甲子園も決勝戦。秋田の金足農業高校と大阪の大阪桐蔭。ドラマを起こしてきたチャレンジャーと勝つべくして勝ってきた王者と言うわかりやすい図式。面白い対決になりますね。ボクはやっぱり金足農業に勝ってほしいな。

 

さて、ブログです。

なぜ毎日書く必要があるのか?

ボクの周りの人たちはボクが毎日ブログを書いていることを知ってるので出会うたびにあいさつのようによく言われます。

「そんなに毎日ブログ書いてスゴイね」

「相変わらず毎日ブログ書いてるの?」

本当にただ単にあいさつのように言われるので本当にスゴいと思われてるかは不明ですが、相変わらず毎日書いてるの?と言ってる人はちょっとバカにしてる感があるかな(笑)。

でもそんなに毎日書く必要が果たしてあるのか?

結論、ボクは毎日書く必要があると思ってるから書いてます

 

よく、SEO対策的には毎日書かなくてはいけないとか、100記事ぐらい書くと検索に引っかかりやすくなるとか言われます。ボクはビジネスにつなげるためにこのブログを書いてますので、はっきり言ってこういった情報気になります。でも気になるだけ。ここを目的には書いてない。

正直、毎日ブログを書くなんて面倒臭い。そんなに刺激的な毎日を送ってるわけじゃないしネタにも困ります。毎日書くなんて内容が薄くなるから逆効果だなんて意見もあります。

 

じゃあなんでそんなに毎日毎日書いてるのって話ですよね。

毎日書く理由は主に3つあって、

まずは自分がどんな人間かを知ってほしいという事。

自分の知った知識、気付いた想い、ひらめいた考えなんかを世にアウトプットして自分に定着させるため。

あとは毎日何かを絞り出して書く事で考え続けるという事です。

 

その中でもボクが一番大事にしているのが毎日何かを考え絞り出すという事

いつもボケ~っとしてるわけではありません(笑)

 

社会に出て何年も経っていくと(ボクもそろそろ20年になります)、何となく慣れがあり、淡々と同じような仕事をこなすだけの毎日になりがち。独立してからは言われたことをやればいいという事が全く無いので、昨日と違う事を今日やるという事も多いですが、それでも何も考える事なくこなすだけっていう事も多い。

ボクはこれが一番危険だと思ってる。毎日多くの人と触れ合い刺激を受けていればそんなことも少ないかもしれませんが、日々の業務に追われてしまう事が多いのも事実。毎日、何かないかと探し続けること、何かと考え続ける事。これが無いとあっという間に置いていかれる危機感をボクなりに持ってます。

そこでブログです。

「考え続ける」ということは何もないボクが唯一持てる武器。そのクセづけにブログを毎日書き続けるという事は効果的なんです。TwitterなどのSNSもそう。

 

twitterも毎日発信してます

 

毎日何かを発信するという事は考えないとできない。探さないとできない。内容が薄くなると逆効果と言われますが、薄くならないように考え、薄くなってしまったらそれも自分の考え。仕方ありません。ボクには強烈な個性があるわけでもとんでもない才能があるわけでも無い。だから何かを絞り出す努力をい続けないと、あっという間に何も絞り出せなくなってしまう。だから面倒臭くてもボクは毎日ブログを書きます。