SNSで仲良くなった人が増えてくるとイベントがチャンス!

京都伏見の醍醐エリアを熱くする男かやまです。

SNSを楽しんでやってると仲良くなってくる人たちが出てきます。ボクも段々とそういう人たちが増えてきました。そうすると段々と会いたくなってくる。

 

SNSで仲良くなった人に会うハードル

いきなりですがこれ、最初は勇気がいりませんか?いくらSNSでたくさん絡んでる人と言っても実際に会うとなると色々と緊張します。ボクもそうです。

たくさんの人たちに会ってきたので今ではそうでもなくなりましたが、それでも今でもやっぱり実際に会うまではドキドキです。会ってしまえば何ともないどころかメチャクチャ楽しいんですが。

醍醐寺かやま

 

気になる人が参加するイベントへゴー

ボクのおススメは気になるあの人が参加するイベントへ行く事です。そのイベントに何人も気になる人が参加するってわかったらもう迷わずゴーです。ボクがそうでした。

って言ってもイベントってなるとたくさんの人がいるし、余計に緊張するかもしれません。ボクがそうでした(そればっかりや)。

 

初めて行ったイベントはあの有名な「しなやかフェス2018秋」。つい、最近の話です。

 

しなやかフェスにはたくさんの会いたい人、気になる人がいた。180人の参加者の中で実際に会ったことある人は2人。しかもそんなにしゃべったわけじゃない。正直、ビビりました。ボクは今ではあまり信じてもらえませんがどちらかと言うと本当は人見知りなんでメチャメチャ緊張しました。

とにかく人見知りとか関係なく思いっきり参加しようと決意して行ったのでメチャメチャ楽しめましたが。

 

でもこれが間違いなくボクの中で大きなターニングポイントでした。

会いたい人に一気に次々と会う事が出来て、話す事が出来て、色んな壁が取っ払われた。

毎日同じような生活をしていると会いたいって人がなかなかいなくなる。好きな芸能人ぐらいでしょうか。

でもSNSをやってると、普通に会いたくなる人がドンドンできる。これって物凄く幸せなことですね。その幸せな想いはやっぱり押さえつけちゃいけないとボクは最近思ってます。

 


自分の欲を押さえつけ続けると、自分の欲に気付けない人になる。

好きなものは?何がしたい?どこへ行きたい?何が食べたい? ボクは自分の欲を押さえ続けてきた結果、こういう事に気付けなくなりました。例えば奥さんに聞かれても「わからん」「任せるよ」ってばっかり言ってた。

そうすると、人が何を求めてるか分からなくなってくるんですね。

そうなるとダメ。例えば仕事って他人の欲求を満たすためのものだと思う。他人の欲求に気付けないって事は仕事もできないって事。こんなことはもちろん仕事に限った事じゃない。

 

だからもし、会いたい人がいるならその欲に正直に会いに行ってほしい。もし怖いなら誰かと一緒にとか、イベントに参加するとか、自分にとって少しでも壁を取り払う努力をして。

 

って事で今から気になるイベントに、そしてたくさんの気になる人たちに会いに行ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です