SNSとはなにか|Twitterの楽しみ方

京都伏見の醍醐エリアを熱くする男かやまです。

ボクはブログでもよく書いてますがTwitterにメチャクチャハマってます。

とは言え、今見たら2015年8月に登録してたけど、でも楽しくなってきたのはここ5~6か月ぐらいの話。

何で楽しくなったか?それは意外と簡単な事でした。

 

Twitterが全く楽しくなかった

Twitterに登録したのが2015年8月。その頃は自分の仕事に活かせたらとか、拡散ツールみたいな感じで考えてました。自分の発信が(例えば仕事の事とか)一気に拡散していくイメージばっかり考えてたんです。ある意味、承認欲求ってやつですかね。

 

そのたまにはフォロワーってヤツを増やさなければいけない。そうすることで自分の発信にたくさん「いいね」をつけてもらったり、リツイートしてもらって拡散につながるはずだと、手当たり次第フォロワーを増やしにいきました。相互フォローって書いてある人をフォローしたり、キャンプが好きだからとキャンプ関連のフォローをしたり、サッカーが好きだからとサッカー関連のフォローをしたり。

でもフォロワーが1000人を超えても誰も全然いいねしてくれなかった。

 

サッカーとかキャンプとかを見てもインターネット見ればわかるような情報がツイートされてるだけで、見るのも大して面白くなかった。

たまに芸能人を見たとかそう言った時にはいいねが増えたりしたけど、そうであればあるほど自分のことに対してのいいねでは無い事がハッキリして何だかむなしくなった。

 

ボクはTwitterをやめた。

やめた

 

楽しみ方を変えた

しばらくして、ふと、Twitterのアプリの存在を思い出し、せっかくだしちょっとやってみようかなとまた、軽い気持ちで開いてみた。

もう僕から、誰かにフォローする事も無く、しばらく見てるだけだった。

そうやってみていくうちに何だかたくさんのいいねをもらってる人たちが目につき始めた。

最初は見てるだけだったけど、段々と何だか楽しそうにしてる熱が伝わり始めた。

色んな人がいるけど、ボクが気になった人たちはみんな楽しそうにしてる。そして、なんと実際にTwitter同士で繋がった人たちが会ってる。

ボクには衝撃的だった。

 

SNSってうわべだけの薄っぺらい関係性だと思ってた。

誰がどこで見てるかわからないし、顔を隠して言いたいこと適当に言って憂さ晴らししてるだけの人も多いのに、何で顔を出して発信し、楽しんでるのか。何で実際に会ってるのか。

そう言った人たちを見てるうちにボクもドンドン楽しみたくなってきた。もう抑えられないぐらいに。

そう、ボクは楽しみ方を変えた。

 

まず、自分の顔を出した。自分の思ってる事、考えてる事を書きだした。仲良くなりたいと思う人にだけいいねをし、もっと仲良くなりたいって思った人に話しかけはじめた(文字だけどね)。

すると反応が増えた。

反応があると単純に嬉しい。ボクはドンドン楽しみ始めた。

いいね

 

いきなり少し距離を詰めすぎて、たぶん嫌われたこともあった。それはそれで仕方ないと思ったけど、どうしても仲良くなりたいと思った人には反省してアプローチを変えた。

ボクはいつの間にかTwitterとリアル社会の垣根がなくなっていた。そう、今まではどこか機械を相手にしてるようなイメージだったけど、人対人として、コミュニケーションを考えるようになった。


ボクのTwitterでの朝の発信です。今ではたくさんの人が絡んできて来てくれる。

朝飛び込んできたわかりやす過ぎるブログ

何度か紹介させてもらってますがボクがTwitterがキッカケで仲良くなったイト―ちゃん。

彼はメチャクチャTwitterを楽しんでます。実はボクは距離の詰め方を間違えた一人でもあります(笑)。

でもどうしても仲良くなりたかったから、真剣に彼の発信に耳を傾け、自分の中に落とし込んだ。それを伝え始めた。

すると、彼にボクの想いが伝わり始めたのか、反応が変わった。今まで彼の反応は冷たく感じてたけど、徐々にあったかいものに変わった。

 

ボクのTwtterの楽しみ方がまた一段と深くなったのは間違いなくイト―ちゃんのおかげです。

そのイト―ちゃんがTwitterについてわかりやすくブログにまとめてくれてます。

 

Twitter初心者向けって書いてますけど、全くそんな事無い。今、Twitterなんて楽しくない人、初心者の方、やってない人はもちろん、使いこなしてるって思ってる人もぜひ読んでほしい。ボクが言いたかった事、ほえ~って思った事がかなり具体的に丁寧に書いてあります。

この丁寧さがイト―ちゃんの最大の魅力。人に対する付き合い方もむちゃくちゃ丁寧です。あんまり言うとボクのイト―ちゃん愛がまた止まらなくなるのでこの辺で。

 

イト―ちゃんが言うようにボクがボクである事を発信する。それが大事なんだと思います。ボクも正直、他人のリツイートばっかりになってる人は見るのがしんどくなるし、あなたである必要ないじゃんってなる。

 

ボクが思うTwitterは結局人対人って事。自分がイヤだと思う事はしない。逆に自分がしてほしい事をする。普段と変わらない心掛けが大事って事です。そうする事で自分と合う人が見つかる。それも絶対数や拡がり方が半端ないので飛躍的に。ボクは今、飛躍的に楽しい人、自分に合う人が増えてます。

ただイト―ちゃんも言ってるように飛躍的に拡がる分、ただ単に乗っかってくるだけの人も飛躍的に増えます。昔のボクですね。昔のボクには気をつけて(笑)。

 

最後にまた、イト―ちゃんがTwitter講座その②を更新していたので載せておきます。